テレワークとは 注意点をまとめてみました。

ビジネスハック

テレワークとは 注意点をまとめてみました。

テレワークとは

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。
テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つ分けられます。

在宅勤務:自宅にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話、ファクスで連絡をとる働き方。

モバイルワーク:顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方。

サテライトオフィス勤務:
勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方。一社専用で社内LANがつながるスポットオフィス、専用サテライト、数社の共同サテライト、レンタルオフィスなどの施設が利用され、都市企業は郊外にサテライトを、地方企業は都心部にサテライトを置く。
テレワークが適しているのは以下のような人たちです。

テレワークメリット

企業がテレワークを導入した場合には、主に以下の6つの効果が期待できます。

1.生産性・業務効率化の向上
2.コスト削減
3.育児・介護に携わる社員の雇用継続
4.多様な人材の活用
5.優秀な人材の確保
6.事業継続性の確保

テレワークデメリット

1.自分で時間管理しなければならない
2.IT端末を使った仕事に限られる
3.運動不足になりやすい

テレワークは、働き手と企業にとって、メリットだけでなくデメリットもあります。しかし、デメリットについては、政府の「働き方改革」の推進制度や企業の成功事例やツールを参考にしながら、解決策を練ることができるように整ってきています。このような成功事例やデメリットに関する情報を事前に収集・活用し、働き手と企業の両者にとってバランスの良い働き方を考えることから始めると、テレワークは導入しやすくなっていくと思います。導入・運用に関するデメリットをクリアした先には、働き続けることができる人が増え、働き手と企業にとってメリットがあると言えます。

テレワークが企業にもたらす6つのメリットとデメリットを解説!

Outlook便利機能 Outlookのタスク管理/スケジュール管理についてまとめてみた

Outlook便利機能 Outlookのタスク管理/スケジュール管理についてまとめてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました