テレワークのコツについてまとめてみた

ビジネスハック

皆さん、多くの方がテレワークを行っていると思いますが、テレワークのコツについてまとめてみました。

成果物の明確化と報告

自分がするべき業務内容やタスクを上司に相談し、確認した成果物を報告することで、自分の成果を証明することができる。その日に完了しない案件や業務の場合、途中経過を報告するだけでも効果的。成果物を示していくことで信頼も積み重なり、テレワークであっても、姿が見えない状態であったとしても、上司も同僚も安心するようになる。

自分の状況を積極的に共有する

googleカレンダーの共有やチャットのグループスレッドに投げかけるなどして、自分の状況やスケジュールを積極的に共有していくことを心がけよう。内容も「〇時からランチ」や「〇~〇時は資料作成」など、箇条書きで十分。自分の状況を伝えておくことで周囲は安心し、レスが遅くても納得しやすくなる。

相手に即レスを求めない

相手のレスポンスが遅れても、焦らず不安に思わないようにする。返事を要求するのはなるべく避けたほうがいいため、事前に「〇時までにお願いします」など、スケジュールを提案しておくのもひとつの手だ。

自分自身は即レスを心がける

情報共有のような内容であっても何かしらリアクションを返しておくことで周囲は安心できる。文章でレスを返さずとも、絵文字のリアクションや「いいね!」などで十分。即レスする意識を持っておきたい。

気持ちを伝えるメッセージは意識して使う

報告+αで気持ちを伝える例)

◆「業務を開始します~。在宅は仕事が捗りますが、腰が痛くなりますね 笑」
◆「おはようございます。業務開始します!在宅、すごくいいなと感じています!」
◆「今週もお疲れ様でした。良い週末を!」
◆「退勤します、おつかれさまでした」

仕事がはかどる過ごし方のコツ

・前日のうちに予定を立てる
・1日の流れをだいたい作っておく(午前中は家事で午後からは仕事、など)
・仕事と家事のメリハリをつける
・集中できないときは、散歩に行ったり体を動かしたりして気分転換
・資料や机の上が散らかりがちになるので、ファイルなどで整理
・「好きな音楽を流す」「食べたいものはあらかじめ用意」「休憩時間は好きなドラマ・映画を観る」など、仕事しやすい環境を整える

自宅勤務で気をつけていること

・長時間同じ姿勢で作業することになるので、こまめに立ち上がって動いたり、時々飲み物を入れにいったりする
・「何日も家族以外と会話してない…」という事態に陥りがちなので、人と合う約束をちょくちょく入れる
・1日1回は外へ出る
・休日を作る
・ラジオを流して情報を手に入れるようにする
・人との会話が圧倒的にないので、ニュースなどを見て意識的に情報を探すようにする
・わからないことは相手にすぐ相談 & 連絡もなるべく早く返すようにする

サテライトオフィス勤務

勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方。一社専用で社内LANがつながるスポットオフィス、専用サテライト、数社の共同サテライト、レンタルオフィスなどの施設が利用され、都市企業は郊外にサテライトを、地方企業は都心部にサテライトを置く。
テレワークが適しているのは以下のような人たちです。

・妊娠・育児・介護などの理由、身体障害、あるいはケガなどにより、恒常的または一時的に通勤が困難な人
・企画・総務・人事・経理などの管理部門、研究・開発部門の人
・営業やSE、サポートサービスなどの顧客対応業務の人

コメント

タイトルとURLをコピーしました