今日から始めよう。知能を上げる生活術

ビジネスハック

今日から始めよう。知能を上げる生活術

「達成可能なことを目標にしてはいけない。努力しても達成できるか分からない目標こそ能力を高めるのだ」とはアルバート・アインシュタインの言葉ですが、この言葉は、本質的に「知能を高める方法」を語っています。知能を高める方法論とはいかなるものでしょうか。

運動

運動は体に良いと言われていますが、脳にも良いと言われています。

運動を行うと記憶力が向上したり、アルツハイマー病などを改善する可能性があるとされています。運動と脳にはどのような関連性があるのか、人間の進化における運動の変化が脳にどのような影響を与えたのかを、南カリフォルニア大学で生物科学の教授を務めるデビッド・A・ライクレン氏がまとめています。

Why Your Brain Needs Exercise – Scientific American

ライクレン氏は「認知タスクと有酸素タスクの組み合わせを必要とするスポーツを行うことが、脳を活性化させる方法となる可能性があります」と語っており、環境変化のあるスポーツの例としてクロスカントリーを挙げています。また、アメリカ合衆国保健福祉省のガイドラインでは、中等度の強度で週に少なくとも150分間、または激しい強度で週に少なくとも75分間の有酸素運動を行うことを推奨しています。ライクレン氏は、ガイドラインに沿った運動を行うことでも、脳の健康を改善する可能性があると述べています。

食事

ブルーベリーはその健康上のメリットからスーパーフードと呼ばれてきました。 ブルーベリーにはビタミンCやビタミンKなど重要なビタミンが含まれています。 ビタミンを補給できるのに加え、ブルーベリーは神経新生を促進し、加齢による認知力の低下を抑えます。 ある調査では、ブルーベリーの補充は記憶力の飛躍的な向上と関連があることが分かりました。 脳の健康を促進するために毎日の食事に最低30-50gの生、もしくは冷凍ブルーベリーを取り入れることをお勧めします。

オメガ3脂肪酸 は人間の食で重要な役割を果たすポリ不飽和脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は精神疾患などの疾患を和らげたり予防したりする効果があり、 また、神経新生も促進します。神経新生が活発でないと、認知力障害、物忘れ、うつ、不安などを引き起こす可能性が高まります。 クルミやピーナッツを毎日ひとつかみ食べ、一週間に二回分(二食分)は脂肪分の多い魚を食べることをお勧めします。

記憶力を向上させる方法

睡眠

睡眠と記憶 には相関性があります。質の高い睡眠は—日中の短い昼寝であっても—記憶力と集中力を高めます。 睡眠の記憶や人間の脳、そして人生への影響は神経学、心理学、その他の学問で盛んに研究されています。

音楽

米・オックスフォード大学の研究チームが2019年4月に「Evolutionary Behavioral Sciences」で発表した研究では、調査を通じてIQの高い人ほど楽器演奏曲を好む顕著な傾向にあることを突き止めている。

IQの高い人は孤独とクラシック音楽を好む理由

デュアルNバック課題

ワーキングメモリを鍛えるとこんなメリットが…!

・集中力が洗練される
・判断力の向上
・記憶力アップ
・読書スピードが高速化
・ADD・ADHDも改善

唯一実証されている脳トレそれがNバックタスク【実際に47日間続けてみた結果→

ビジネスハックとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました