仕事で役立つTo Doリストのテクニック

スケジュール管理

ToDoリストを作るタイミングを考慮する

前日の夜に、翌日の計画を立てる時間を取りましょう。これから仕事が始まるというストレスがないので、必要なタスクを落とし込んで、実行可能なリストを作るのは楽になります。仕事の終わりに翌日のToDoリストを作る習慣は、やってみる価値があるはずです。

作業を細分化する

どの作業を優先すべきかを明確にすることが、ToDoリストをToDoプランに変えていくための大きな一歩です。そうするとリストの全体像が把握でき、1日で、1週間で、あるいは1カ月でこなせる作業量を、正確に把握するのに役立ちます。

時間の管理と配分がすべて

ToDoリストを作る頻度が毎日であろうと、月ごとであろうと、時間について考慮するのは重要です。リスト上にあるすべてのタスクを完了するのに時間が足りない場合、たちまち深刻な問題になってしまうこともあります。

この問題の解決策として、Google CalendarをToDoリストのベースとして使うやり方があります。最近導入されたリマインダー機能のおかげで、タスクに時間の感覚が加味されて、締め切りまでに問題なく完了できるようになります。

タスクを完了するごとにToDoリスト上で「済」の印をつける

どんな完璧なToDoリストでも、最後のステップはリスト上で済んだタスクに「済」の印のチェックを付けていくことです。

タスク管理に便利なアプリ「Todoist」

紙で管理してもよいですが、スマートフォンで管理するほうが便利というひと向けに、おすすめアプリをひとつ紹介します。Todoist という、マルチプラットフォームで使用することができるタスク管理のサービスです。

Todoist には様々な機能がありますが、その基本はやることを書いて、終わったらそれをチェックして消すという、単純なリストです。Todoist を使えば、このリストを手元のスマートフォンとパソコンとで同期させて、いつでも好きな場所で作業を進めることができます。

Todoist で すべてのタスクを整理

やらない仕事を決めてリストから消す

ToDoリストの中で、あまり成果に直結しない作業は思い切ってやめてしまいましょう。リストもすっきりしますし、業務量も格段に削減できます。

ToDoリストについてまとめてあるリンク集

やらなければならない仕事をついつい後回しにしてしまい忘れてしまう。任される仕事量が増え、どれから手をつければよいのか分からない。こんな悩みを抱えていませんか。

特に、新入社員の時期では誰もが抱える悩みではないかと思います。本記事では、そんな仕事の悩みを解決してくれる「todoリストの活用方法」について紹介します。

具体的には、以下の項目が簡潔に理解できるように重要なポイントをまとめて紹介しています。

todoリストとは何か?
todoリストの基礎知識
todoリストの基本的な「作り方」や「使い方」のポイント
おすすめのtodoリストアプリ
todoリストを上手に使って業務効率に繋げましょう。↓

To Doリスト。それってビジネスマンの必携ツールだよね…なんて思っている方はいらっしゃいませんか?実は仕事のみならず、日常生活でも大いに役立つ優れものなのです。

でもどうやって使えばいいのか、そしてどうやって作ったらいいのかがわからないという方のために、本記事がお役に立てば何よりです。早速その疑問にお答え致しましょう。↓

効率を上げるために「ToDoをキチンと管理して実践」する。最近特によく聞く言葉です。

会社も働き方改革で、現場へ「効率のいい仕事をするように」という指示を出すことが多くなっています。上司・先輩から「もっと効率よく仕事をしろ!」と言われた経験のある人もいるのではないでしょうか。

効率よく仕事をするために、よく持ち出されるのが「ToDo」というものです。

では、このToDoとは何でしょうか。ToDoを実践するメリットは何でしょうか。
初めての人にでもわかるよう、簡単に書いてみます。↓

【生産性向上】役立つExcelのテクニックをまとめてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました