テレワークでの勤務管理について

スケジュール管理

テレワークは新しい働き方として導入・検討する企業も増えている一方で、従業員の労務管理を行う難しさもあります。
どのような従業員管理の難しさがあるのか見ていきましょう。

コミュニケーション不足に陥る

対面でコミュニケーションが行えない場合、業務の指示がうまく伝わらない、進歩状況の確認に時間がかかるなどの問題点があります。

成果物や労働時間での評価が中心になる

テレワーク導入の一番の課題は「評価体制の難しさ」です。企業において従業員の働きを公平に評価する仕組みを整える必要があります。

勤怠管理が難しい

勤怠管理とは従業員がどれだけ働いたか、業務を行っていたかを明確にし、管理することです。しかしテレワークの場合、どれだけ働いていたのかを目で確認することは不可能です。

テレワークに合わせた人事制度を導入する

重要なのは、テレワーカーのみに合わせた人事制度を作るのではなく、オフィスワーカーとテレワーカーを平等に評価できる制度を作ることです。各人の目標を具体的な数値として明確にし、段階ごとに評価の場を設けるなどして、目標達成の状況や成果を評価できる仕組みを整えましょう。

テレワークの勤怠管理ツールにおすすめ管理ソフト!

ジョブカン

初めてでも、誰でも、簡単に使える、業界No.1*の勤怠管理システム
ジョブカン勤怠管理は、これ1つで勤怠管理業務に必要な機能を備えており、それでいて
シンプルな操作性であるため、初めてでもすぐに使い始められます。

* 1,000万人以上が利用するIT製品の比較・資料請求サイト『ITトレンド』の「勤怠管理・就業管理」部門にて、お問い合わせ数5年連続1位を獲得。
https://jobcan.ne.jp/

人事労務 freee

人事労務freeeとは

人事労務freeeは給与計算機能をはじめ、
年末調整や勤怠管理など労務業務を一元化するクラウドソフトです
https://www.freee.co.jp/hr/

jinjer勤怠 ジンジャー

人事領域の様々なプロセスデータを結合・集積し、ブラックボックス化された人事データを「可視化」、人事戦略の最適解を導き出します。

【ビジネスマナー】【新入社員向け】電話対応のマナーについてまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました